寂しさもすこし和らいで

query_builder 2021/05/16
ブログ
PA032178

先日、ご依頼を受けさせていただいたオーナー様と出会い、

「少し寂しさも和らいできたかな」とおっしゃっていました。

「部屋に小さい頃などの写真を飾っているのよ」と。

本当に幸せな仔だったのだなぁと、しみじみと感じました。


家族を亡くした痛みは計り知れないと思うのですが、時間がたてばたつだけ、一緒にいた時間が幸せだったからこそ、幸せな記憶を思い出すたびに痛みが和らいでいけるのでしょう。


私も今いる仔たちを見送らなければ、虹の橋を渡れないと思っているのですが、残されていく私の「痛み」のためにも、幸せな毎日を過ごさせてあげたいなと思うのです。

(可愛いだけではすまない毎日ではありますが。)

でも、みんなを見送ったあと、誰もいなくなった生活は想像できませんね。

NEW

  • ペットさんが亡くなったら

    query_builder 2022/07/11
  • 黒缶ろうそく

    query_builder 2022/07/08
  • 夕暮れ

    query_builder 2022/07/04
  • 紙製ミニ骨壺

    query_builder 2022/06/30
  • 水神公園

    query_builder 2022/06/27

CATEGORY

ARCHIVE